サッカーチームに関するユニフォーム情報を満載

Blog

2018ロシアW杯セルビア代表注目選手、

ロシアW杯2018!

ということで、今回はサッカーセルビア代表2018について取り上げていきます。

FIFAランキング35位のセルビア代表はヨーロッパ予選を6勝3分1敗で20得点10失点でアイルランド、ウェールズ、オーストリアと同じ混戦となったグループで1位通過を果たしています。

かなり予選の組み合わせには恵まれたといえるでしょう。

ワールドカップ本大会ではブラジル、コスタリカ、スイスと同組のグループEに組み合わせされました。

ブラジルが1位抜けするとして2位通過を狙うとすると比較的恵まれたグループに入ったなという印象です。

そんなセルビア代表のロシアワールドカップ2018で挑むフォーメーションを予想!

そして、注目選手についてまとめてみましたので最後までご覧ください!

【ロシアW杯2018】サッカーセルビア代表の戦術や特徴は?

それでは、セルビア代表のサッカーの特徴や戦術についてまとめていきます。

率いるのはクルスタイッチ監督。

ヨーロッパ予選では10試合で20得点10失点ですから得点も失点も多いチームといえますね。
守備よりは攻撃に力点を置いているといえるでしょう。

Jリーグでセルビア出身の監督として有名なのは、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督、ランコ・ポポヴィッチ監督の二人ですがどちらも攻撃的なサッカーをすることで有名でしたのでサッカー文化として攻撃的なサッカーを好む国といえるでしょう。

歴代選手もストイコビッチ、ミヤトビッチと攻撃的なタレントを輩出しています。

今大会のセルビア代表の特徴は高さ。

平均身長は186,5cmでワールドカップ本大会出場国中最も高いチームとなっています。
キッカーも豊富ですからセットプレーでは大きな脅威となるでしょう。

【ロシアW杯2018】サッカーセルビア代表の注目選手

それでは、ロシアワールドカップ2018のセルビア代表の注目選手を紹介していきます。

最後に                          

いかがでしたか?

今回はロシアワールドカップのサッカーセルビア代表について取り上げてみました。

ロシアワールドカップ2018に出場するセルビア代表は2大会ぶり12回目の出場となります。

12回目のワールドカップ出場という数字はセルビア・モンテネグロ時代やユーゴスラビア時代も含めた数字です。

セルビア代表としては2010年南アフリカワールドカップ以来2回目の出場。

結果はグループステージ敗退でしたがドイツ代表にジャイアントキリングを起こす強さとオーストリア、ガーナに負ける勝負弱さを露呈する大会でした。

そしてロシアワールドカップのグループステージではスイスと2位通過を争うと思いますがポッド2の中ではスイスはそこまで強くないと思いますし、選手の力を比較しても差はないでしょう。

十分勝つチャンスがありますからスイス、セルビアの争いはグループEの最大の見どころです。

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームサッカーユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

1億人の日本代表ファンは伊の名物会長よりもプレッシャーに?ザッケローニ氏が語る

アルベルト・ザッケローニ氏は日本代表指揮下でのプレッシャーが大きかったと振り返る。

元日本代表指揮官のアルベルト・ザッケローニ氏が、26日付のイタリア紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』のインタビューに応じ、日本での経験について言及した。

2014年まで日本代表を率いていたザッケローニ氏は昨年11月、アラブ首長国連邦(UAE)代表監督に就任。2019年に行われる自国開催のアジアカップ、そして2022年のカタール・ワールドカップ出場を目指し、ロシア行きの切符を逃がしたUAEの立て直しを図る。

中東を新天地に選んだ64歳のザッケローニ氏は、過去に1990年から3年間にわたり、“マンジャ・アッレナトーリ(監督食らい)”との異名を持つマウリツィオ・ザンパリーニ会長の下で、ヴェネツィアを指揮した経験を持つ。当時と比較すれば、UAEでのプレッシャーは大きくないのではないかと問われると、元日本代表指揮官は、「世界中どこも同じだよ」と否定。しかし経験上、最も大きなプレッシャーが受けた場所として、日本を挙げた。

「中国よりもUAEよりも日本の方がプレッシャーは大きかったのは本当だ。日本代表は非常に人気があり、1億2000万人のファンが見守っている。国内だけではなく、世界中にいる。私が別の国に行くと、例えばニューヨークでも現地在住の日本人や、旅行中の日本人が私に気づき、今でもサインを求められる」

日本代表に大きな関心が寄せられる日本では、プレッシャーもひときわ大きかったようだが、代表指揮官を退任し、4年の月日がたった現在も自身の存在が忘れ去られていないことに驚いているようだ。

騎士サッカーでは海外代表や海外名門チームユニフォームを豊富に取り揃えています。手頃な価格、安心な品質やマーキング短納期でサッカーファンたちはぜひご利用ください。全品合計10000円以上お買い上げで全国送料無料、さらに5%OFF。詳しくはリンクをクリックして見てください。

日本代表FW久保裕也、ヘントで2018年初ゴール!

ヘントの日本代表FW久保裕也が2018年初ゴールを決めた。

ホームでのリーグ第26節シント=トロイデン戦に先発すると、前半11分に先制点を叩き出したのだ。

ボックス内で味方FWとDFがもつれ合ってこぼれたボールに反応し、豪快に蹴り込んでゴールゲット!

もつれた場面でヘントFWランゲロ・ヤンガの手にボールが当たっており、相手DFたちはハンドをアピールしたものの得点と認められている。

昨年12月以来の得点で今季7ゴール目となった久保は84分までプレー。チームも3-0で勝利している。

ほろ苦デビューの宇賀神友弥、ツイッターで複雑な心境を告白「自分の人生そんなに簡単じゃないんだな」

23日に行われた国際親善試合のマリ代表戦で、日本代表初先発を果たしたDF宇賀神友弥(浦和レッズ)が自身の公式ツイッターを更新した。

右サイドバックで初スタメンを飾った宇賀神は、試合当日の3月23日が30回目の誕生日だった。記念すべき1日で代表デビューを飾ったものの、前半終了間際に自陣PA内で相手を倒してしまい、PKを献上。このPKを決められ、日本は先制点を許した。警告を1枚もらっていた宇賀神は前半のみで交代。

日本はその後、同じくA代表初出場を果たした中島翔哉(ポルティモネンセ)が後半アディショナルタイムに同点ゴールを奪取。1-1の引き分けに持ち込んだ。

なんともほろ苦い誕生日となってしまった宇賀神。24日に自身のツイッターを更新し、現在の心境を綴った。

「昨日30歳になりました。なんとも思い出深い誕生日になりました。あたらめて自分の人生そんなに簡単じゃないんだな」

「ここからまた這い上がっていけるのも自分だと思うのでまた明日から切り替えて自分と向き合いたいなと思います。たくさんのメッセージ、応援ありがとうございました」

日本代表は27日に欧州遠征2戦目のウクライナ戦を控える。

大島僚太、日本代表の10番任命に「アディダスの選手じゃなくていいのかな…」

12月9日に開幕するEAFF E-1サッカー選手権に臨む日本代表が12月6日、都内でトレーニングを行った。背番号が10番に決定した大島僚太が“ナンバー10”への思いを語った。

10番任命は「さっき聞いた」と話す大島は、所属する川崎フロンターレでも同じ番号を背負う。付け慣れた10番への親近感は「特に無い」とし、「どの番号でも同じ様に責任を持って頑張らないといけない」と冷静に答える。

日本代表での10番については「すごい選手が付けている印象がありますし、アディダスの選手じゃなくていいのかなというのもあります(笑)」とジョークを飛ばし、報道陣を笑わせた大島。歴代の10番で印象に残るのは「やっぱり中村俊輔さん。僕がサッカーを始めたころもそうですし、今でも10番と言ったら(中村俊輔)というイメージが出てくる」と、現在はジュビロ磐田で10番を背負う中村俊輔の名前を挙げた。

川崎Fでリーグ優勝を達成し、念願の初タイトルを手にした大島。しかし、Jリーグで自信を得ても「サッカーも違いますし、やり方も全然違う」と過信すべきではないと持論を展開。

2013年の旧・東アジアカップでは日本代表が優勝を成し遂げているが、大島はこの大会が個人としてもチームとしてもワールドカップにつながるものだと語る。

「ワールドカップのことを考えたら個人のアピールも必要だと思いますけど、優勝すれば自然とそのチームの一員としての評価も上がると思うので、そこは団結して勝ちにこだわらないといけない」

日本代表は9日に朝鮮民主主義人民共和国代表と初戦を迎える。

主将・昌子源、試合の締め方に反省「終わり方が非常に悪かった」

EAFF E-1サッカー選手権第2戦が12日に味の素スタジアムで行われ、日本代表と中国代表が対戦。試合は2-1で日本が勝利。2連勝を飾った。この日もキャプテンを務めたDF昌子源(鹿島アントラーズ)がフラッシュインタビューで試合を振り返った。

「とにかくゼロで耐えて、前が点取ってくれることを信じていた。小林悠選手がいい時間帯に取ってくれたかなと思います」

最終ラインの関係については「ゲンタ(三浦弦太)も常に声を出すタイプですし、常にお互いコミュニケーションを取りながらやってたので。ピンチもありましたけど、僕とゲンタと東口選手を中心に守れたかなと思います」と振り返った。

韓国戦に向けては「終わり方が非常に悪かった。PKで1失点してしまったので、韓国戦ではそういうことがないようにしっかり北朝鮮と中国の時よりもいい内容で終われたらいいなと思います」と気を引き締めていた。

ロシアW杯へハリルが選ぶ23人は?“合格者ゼロ”のE-1を踏まえたポジション別通信簿

EAFF E-1 サッカー選手権 2017(E-1)の韓国戦(16日・味の素スタジアム)で1-4の歴史的惨敗から2日後の18日、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が2018年日本代表年間スケジュール発表記者会見に姿を現し、改めて2018年ロシアワールドカップ本大会への続投を宣言した。

「まずは3月に向けて、30~35人くらいのラージリストを作りたい。3月の試合に挑んだら、30人くらいのリストになる。そこから23人のリストが生まれていくという流れになると思う」と今後の日本代表メンバー選考について言及した。

指揮官としては今回のE-1で国内組の奮起を促していたが、結果的に韓国戦では「合格者ゼロ」と言ってもいい厳しい現実に直面した。そうなると、指揮官の欧州組至上主義にはより拍車がかかると見られる。国内組が滑り込めるのは手薄なポジション、あるいは来シーズン開幕直後に凄まじい活躍ぶりを示した選手だけかもしれない。そんな現状も踏まえ、2017年末時点でのロシア大会メンバー23人を検証してみることにしたい。

2017-12-20-kawashima.jpg

<GK=3人、川島◎、西川○、中村○、東口△>

まずGKだが、川島永嗣(メス)の3大会連続代表入りはほぼ確定に近い。もう2枠を最終予選5試合出場の西川周作(浦和)、足掛け7年間の代表帯同で4試合出場にとどまっている東口順昭(G大阪)、22歳の中村航輔(柏)の3人が争っている構図だ。

11月の欧州遠征(ブラジル&ベルギー)の時点では西川、東口という30代GKが揃ってメンバーに入りそうな雲行きだったが、E-1初戦の北朝鮮戦で中村が存在感を発揮。韓国戦の先発もつかんだことから、序列が上がったのは間違いない。このままだと東口が落選の憂き目に遭う可能性が高く、来季G大阪でのパフォーマンスがこれまで以上に大事になってくる。E-1で代表復帰した権田修一(鳥栖)やこれまで何度か呼ばれている林彰洋(FC東京)らも一縷の望みを賭けて来季に挑むしかない。

2017-12-20-yoshida.jpg

<CB=3~4人、吉田◎、槙野○、昌子△、森重△、植田△>

一方、センターバック(CB)だが、2014年ブラジル大会では吉田麻也(サウサンプトン)、森重真人(FC東京)、今野泰幸(G大阪)、伊野波雅彦(神戸)の4人が選ばれている。ただ、本職CBを中澤佑二(横浜)、田中マルクス闘莉王(京都)、岩政大樹(東京ユナイテッド)の3枚にして、阿部勇樹(浦和)や今野のようなユーティリティな選手で補った2010年南アフリカ大会の例もあり、3~4人と考えるのが打倒だろう。

現時点で当確なのは予選全試合にフル出場した吉田。そのパートナーとして槙野智章(浦和)が一歩リードしている。最終予選終盤は昌子源(鹿島)がピッチに立ったが、E-1の韓国戦でのキム・シンウク(全北現代)への対応などを見る限りでは、やや不安は拭えない。若い三浦弦太(G大阪)も経験不足を露呈しただけに厳しそうだ。ケガと不調で今季を棒に振った森重が来季トップフォームを取り戻せば代表復帰も十分あり得る。吉田、槙野、森重、昌子の4人を選ぶという考え方が無難ではあるが、本職CBを3枚にして、1枚は植田直通(鹿島)のような万能型にする手もある。特に植田はE-1で右サイドバックとしての可能性を垣間見せている。セネガル戦を想定し、日本人離れした身体能力を誇る男を入れた方がいいという意見もあるだけに、興味深い。

2017-12-20-sakai.jpg

<SB=3~4人、酒井宏◎、長友◎、酒井高○、車屋△、植田△>

サイドバック(SB)に関しては、ブラジル大会は内田篤人(ウニオン・ベルリン)と長友佑都(インテル)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)の4人だったが、南アフリカでは内田、長友、駒野友一(福岡)の本職3人に、万能型の今野を加えた陣容となっていた。今回も本職4人とするなら、当確組の酒井宏、長友に、両SBをこなせる酒井高、左利きの車屋紳太郎(川崎F)を加えるのが、現状のベストではないだろうか。

ただ、CBとSBをこなせる植田や槙野を入れるいう考えもある。であれば本職は酒井宏、長友、酒井高の3人だけでいい。彼ら3人は欧州で傑出した実績があるだけに、ハリルホジッチ監督にとっても必要不可欠な人材。右ひざ負傷を機に代表から長期間離れている内田も戻ってこない限り、この3人の牙城を崩す選手は見当たらない。

2017-12-20-konno.jpg

<MF=6~7人、長谷部◎、山口蛍○、今野○、井手口○、香川○、長澤△、清武△、森岡△、小林祐△>

ハリルホジッチ監督は4-2-3-1と4-3-3のシステムを併用している。中盤はダブルボランチの前にトップ下を置く三角形型と、アンカーの前にインサイドハーフ2枚を置く逆三角形型がある。

このフォーメーションを想定した場合、ボランチとアンカーの両方をこなせる人材として、長谷部誠(フランクフルト)、山口蛍(C大阪)、今野の3人が候補者として挙がる。ドイツで11シーズン戦っている長谷部の卓越した国際経験値と統率力は今の日本代表に必要不可欠。右ひざの状態が不安定であっても当確は揺るがない。

ブラジル大会経験者の山口蛍も最終予選全試合出場と指揮官から絶大な信頼を得ている。ボール奪取後の展開力は課題だが、やはり当確と言っていい存在だ。今野もE-1で復調をアピール。守備で全てのポジションを担える万能性から選びたい人材ではある。同じ枠を争うのが遠藤航(浦和)だが、攻撃の組み立てやゴールに絡める迫力を考えると今野の方が上。守備的MFの3枠目に滑り込むのが妥当だ。

攻撃的MFの方は選択が非常に難しい。デュエルを武器とする井手口陽介(G大阪)、長澤和輝(浦和)のようなタイプがいる一方、トップ下として長年やってきた香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(C大阪)、柴崎岳(ヘタフェ)、森岡亮太(ワースラント・ベフェレン)、小林祐希(ヘーレンフェーン)のようなタイプもいて、どういうバランスがベストなのか指揮官も頭を悩ませているに違いない。

このうち「ハリルの秘蔵っ子」と位置付けられる井手口はロシア行きの確率が最も高いが、今冬に踏み切ると言われる欧州移籍の結果いかんでは、代表での位置づけが変わるかもしれない。長澤もまだ代表招集1回と未知数な選手で、香川、清武、柴崎、森岡、小林はハリルホジッチ監督が求めるデュエルの部分で物足さがある。とはいえ、本番を考えると攻撃のスイッチを入れる人間は絶対に必要。そういう意味でも復調傾向にある香川は必要ではないか。リスタートの部分でも清武が本調子を取り戻せば入れておきたい。今、オフェンシブの4枚を選ぶとしたら、井手口、長澤、香川、清武だろうか。

2017-12-20-inui.jpg

<サイドアタッカー=4~5人、原口◎、乾◎、浅野○、久保○、伊東△、本田△、小林悠△、倉田△>

サイドアタッカーも激戦ではあるが、すでにある程度のメドは立っている。まず右は最終予選終盤に決定的な仕事をした久保裕也(ヘント)と浅野拓磨(シュツットガルト)の2人がリード。そこにFIFAクラブワールドカップ(CWC)でキレを取り戻した本田圭佑(パチューカ)、E-1選手権で異彩を放った伊東純也(柏)、トップもできる小林悠(川崎)が絡む構図と言える。久保はヘントではトップ下、浅野も左右のサイドなど複数ポジションをこなしており、右のスペシャリストではないが、どちらもハリルホジッチ監督のサッカーには必要な駒だ。

そこに続くのがドリブル突破が売りの新スピードスター・伊東だろう。ただ、国際経験が皆無に近く、欧州組と共演した経験もない。そこは気がかりとなる。本田と小林は複数ポジションをこなせる存在だが、いざという時に頼れるのはやはり強靭なメンタルを誇る本田だ。インサイドハーフもできることを考えると、長く日本の看板に君臨した男もぜひ加えておきたいところだ。

左に関しては、原口元気(ヘルタ)と乾貴士(エイバル)が大きくリードしている。原口が冬の移籍市場で新天地を見出せなければ、コンディション的に厳しくなるが、最終予選4試合連続ゴールの実績は非常に大きな意味を持つ。彼のような運動量とスプリント力を備えた選手は日本人にはなかなかいない。その長所はやはり大きい。乾にしてもスピードと打開力を兼ね備えた数少ない選手。そこは特筆すべき点と言える。

ダイナミックさとインテンシティーを発揮できる倉田秋(G大阪)も今年10月以降、コンスタントに呼ばれており、攻撃的MFもこなせる万能型として一定の評価はある。しかし、他2人に比べると国際経験値が弱い。韓国戦でもその課題を露呈してしまっただけに、現時点での23人入りは厳しそうだ。

2017-12-20-osako.jpg

<トップ=2~3人、大迫◎、岡崎○、本田○、武藤・杉本・川又・小林悠△>

トップは大迫勇也(ケルン)が当確。最前線でタメを作れる彼の存在はハリルホジッチ監督の戦術の根幹をなす部分。「大迫ありきのロシア」といっても過言ではないほど重要度が高い。その大黒柱と異なる特性を持つ岡崎慎司(レスター)、武藤嘉紀(マインツ)、杉本健勇(C大阪)、川又堅碁(磐田)に、複数ポジションをこなせる本田、小林も加わり、残り1~2枠は大混戦。

国際経験を取るなら岡崎、高さなら杉本など何にポイントを置くかで選考結果は違ってくる。大迫のようにタメを作ることを重視するなら、2016年10月の最終予選・オーストラリア戦でその仕事をしっかりとこなした本田、E-1で成長ぶりを示した川又も視野に入ってくる。いずれにしても、良いコンディションを維持し、結果を残し続けなければ、すぐに候補者から外れる。それがFWだ。そこは全員がしっかりと認識しておくべきところだ。

◎=当確、○=有力、△=微妙

サッカー日本女子代表 2008-2009年ユニフォーム

2008~2009年ユニフォームのコンセプトは「日本魂」。「ご来光」ストライプは男子の黄色に対して、なでしこジャパンはピンクを取り入れました。前モデルまではシルエット以外は男子と共通デザインでしたが、今シーズンのモデルから初めてなでしこユニフォームのカラーはピンクを採用しました。

なでしこジャパン(サッカー女子日本代表ユニフォーム)

なでしこジャパン 2008-2009年ユニフォームは、IOCの通達により、協会エンブレムやメーカー固有デザインが制限されたため、アディダススリーラインが外され、左胸のJFAヤタガラスエンブレムは、日の丸に替えられました。

サッカー日本女子代表 2008-2009年ユニフォームアウェイ

サッカー日本女子代表 2008-2009年ユニフォーム ホーム

初戦、格下のニュージーランドに2点のビハインドから追いつき、アメリカには敗れましたが、ノルウェーに5-1の圧勝で3位で予選を突破しました。準々決勝で地元(中国)に完勝してベスト4に進出しました。3位決定戦ではドイツに敗れました。

2018W杯 フランス代表、メンバー発表!

フランス代表は今月末に行うコロンビア、ロシア戦に向けた招集メンバーを発表した。

GK:

アルフォンス・アレオラ / Alphonse Areola
(PSG)

ウーゴ・ロリス/ Hugo Lloris
(トッテナム/ENG)

スティーヴ・マンダンダ / Steve Mandanda
(マルセイユ)

DF:

リュカ・ディーニュ / Lucas Digne
(バルセロナ/ESP)

ルーカス・エルナンデズ / Lucas Hernández
(アトレティコ・マドリー/ESP)

プレスネル・キンペンベ / Presnel Kimpembe
(PSG)

ローラン・コシェルニ / Laurent Koscielny
(アーセナル/ENG)

バンジャマン・パヴァール/Benjamin Pavard
(シュトゥットガルト/GER)

ジブリル・シディベ / Djibril Sidibé
(モナコ)

サミュエル・ウンティティ / Samuel Umtiti
(バルセロナ/ESP)

ラファエル・ヴァラヌ / Raphaël Varane
(レアル・マドリー/ESP)

MF:

エンゴロ・カンテ / N’Golo Kanté
(チェルシー/ENG)

トマ・レマール / Thomas Lemar
(モナコ)

ブレーズ・マテュイディ / Blaise Matuidi
(ユヴェントス/ITA)

ポール・ポグバ / Paul Pogba
(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)

アドリアン・ラビオ / Adrien Rabiot
(PSG)

コランタン・トリッソ / Corentin Tolisso
(バイエルン・ミュンヘン/GER)

FW:

ウィサム・ベンニェデル / Wissam Ben Yedder
(セビージャ/ESP)

ウスマヌ・デンベレ / Ousmane Dembélé
(バルセロナ/ESP)

オリヴィエ・ジルー / Olivier Giroud
(チェルシー/ENG)

アントワーヌ・グリーズマン / Antoine Griezmann
(アトレティコ・マドリー/ESP)

アントニ・マルシャル/Anthony Martial
(マンチェスター・ユナイテッド/ENG)

キリアン・エンバッペ / Kylian Mbappe
(PSG)

フローラン・トーヴァン / Florian Thauvin
(マルセイユ)

CLマンチェスター・ユナイテッド戦で値千金の2ゴールを決めた“旬”なベンニェデル、そしてルーカス・エルナンデズが初招集となった。

フランス代表 ユニフォームを探すなら、騎士サッカーショップへどうぞ。最新シーズンのホーム ユニフォームを販売開始。15000円以上購入したら、全国配送無料。

なんと絵文字をプリント!コロンビア2部フォルタレーサの2018新ユニフォーム

コロンビア2部に所属するフォルタレーサCEIF(Fortaleza Centro de Entrenamiento Integrado para el Fútbol)が5日、新しいユニフォーム発表したが、デザインがなんと「絵文字」! コロンビア国内外で“Emoji”の言葉と一緒に、このユニフォームの存在が報じられている。

日本から広まり、今では世界中で当たり前のように使われてる絵文字。“Emoji”は世界共通語だ。

Fortaleza CEIF 2018 “Emoji” Home

フォルタレーサCEIF 2018 絵文字 ホーム ユニフォーム

シャツにはおなじみのアイコンがずらり!かつて絵文字をここまで大胆に使ったユニフォームは、恐らく存在しない。

シパキラという小さな街をホームタウンとするフォルタレーサCEIFは、2010年に誕生した新しいクラブ。現在は2部所属だが2014、2016の2シーズンは1部で戦っていた。

フォルタレーサCEIF 2018 絵文字 ホーム ユニフォーム

ホワイトがホームキットで、ブルーはアウェイキット。どちらも同じデザインの色違いで、同じようにアイコンをプリント。もちろんエンブレム横の雷も絵文字で、公式のエンブレムに雷マークは付かない。

フォルタレーサCEIF 2018 絵文字 ホーム ユニフォーム

背面にはクラブのツイッターアカウント“@FortalezaCEIF”をプリント。左右には王冠とツイッターアイコンも!

しかし、なぜこのようなデザインになったのか。その理由についてクラブは公式には語っていない。

なおこのユニフォームが世界中で報じられたことをネタにして、クラブは現在胸スポンサーを募集中とのこと。